ドイウロコ / Doi Uroco


by uroco69
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

明日!ほか色々

急遽、明日の夜、
新宿のMotionからソロでのライブのお誘いがあり
(音源を聴いたそうで)、 出ることになりました。

昼間は代々木公園での路上ライブで、
そのまま新宿Motionへ。
ハードなスケジュール。

※雨で路上ライヴは中止になってしまいました。

Moo2のデモで使いまくり、
もう使うこともないだろうと思いつつ、
捨ててなかったリズムマシン、BOSS DR-5
が棚から出てきて、今改めて使ってみたところ、
めちゃめちゃ便利で、もう7年くらい
ほっぽらかしていたのに、全く壊れや不具合もなく、
これはなかなか素晴らしい物かもしれないと、遊んでます。




基本的に中途半端にチープな音しか出ないところがイイ!
頑丈で使いやすく(使い方忘れてたけど、余計なボタンがないので、説明書なくても、いじってればわかってくる)、
反則な使い方も色々できるし、愉快なリズムパターンを簡単に作れるし、
何で今まで使わなかったのかと。

--------------------

天気がどうなるか不安ですが、

★お花見路上ライヴ!@代々木公園
昼の12時から花見&準備
(発電機を持ち込み、ギターアンプ、ベースアンプ、マイク3本。雨が降り出したら様子見、中止になる可能性もあり?)

13時半~スタート
14時頃 ドイウロコ+賃貸人格+アケミさん?+グロプチンさん?+?セッション(全員来たら5人です)
以降、
賃貸人格ソロ、チャージ、STD、水口。
全体で、17時には終了の予定だそうです。


※雨で中止になってしまいました。

その後、

新宿Motion
開場/開演:18:00/18:30 前売/当日\2,000/\2,300
TEL予約/03-6825-5858(Motion)
受付時間14:00~22:00

・ドイウロコSolo
・N.U.M.B
・他

出番は、19時40分頃からです。

機材は、上に書いたBossのDr-5をフル活用、ポータブルターンテーブル、テレコ、サンプラー、ループマシン、おもちゃ、など。
ギターを持って行こうか悩み中。

お花見ライヴ後そのままMotionに行くので、
Motionでのライヴで使う物は大体一緒。
実験的な音と電子音を中心に、 踊りまくったり、マイクと戯れたり、
ステージをフルに使おうかなと。 派手にやろうと思っています。
こないだ、このMotionで恐ろしく凄い弾き語りの
Uritaさんを見ているので、
急な話で準備の時間はないけど、気合いが入るなぁ♪

--------------------

ここに書いたかどうか忘れましたが、
★人間大學レコードのコンピCD『オクセンマン』(CD-1500円)に、ソロで参加しています。
「コズミック四畳半」という10分近い曲。音的にかなり凝った作り。

ここで通販できるらしいです。
ここにレビューがあります、なぜかあっしが北海道在住と書かれていますが、
北海道出身ではありますが、在住ではなく、今は東京にいます。

マジカルパワーマコさん(1st凄い!)や、TASKEの音源も収録されています。
他、電子音系が中心かな。

コンピの参加は、
・2001年ソフケイのやまみちくん監修の秋歌コンピ
『Individual Songs For Autumn』
(これ偶然とても統一感あって内容的にも好みだったけど、すっかり消えてしまいましたねぇ)
「ぐわんぐわん」(MP3

・?年『パワーコンピ』
パワー会議という団体で作ったコンピ。
「メリーゴーランド」
これはそのうち普通の声で歌った音源を作ろうと思っています。
曲自体は、自分の作ったポップな曲の中でとても気に入ってるのだけど、
満足いく音源はまだないのです。
Moo2ヴァージョンの「メリーゴーランド(MP3)」

--------------------
以下、mixiからランダムに抜粋。

--------------------

★ライヴ映像など

【砂場の一番底を見せてやる】
略して『砂底(S.N.Z.K)』。
2ピースのハードコアパンクバンドです。
1曲平均20秒、10分20曲のライヴの中からの映像です。

「S.N.Z.K Live2006,3/5@無力無善寺」
動画:WMV形式(ブロードバンドならサクサクです)
・音:MP3(動画と内容は一緒です)

【ぴーちくぱーちくピーチーズ55】
Live2006,3/19@無力無善寺。
いつもとは違う形態で、ガラクタパーカッションと声を中心にした
スカムやローファイ色濃い内容です。

・「宇宙のうた(すかむばーじょん)」
動画:WMV形式


・「ばらーど(まったりばーじょん)」
動画:WMV形式
・音:MP3(動画と内容は一緒です)

見られない聴けないという時は、 ウィルスソフトを切ってみてください。
動画はWMV9です。

--------------------

★大竹さん

『10月14日~12月24日
「大竹伸朗 全景1955-2006」 東京都現代美術館。
「子供の頃から現在まで、代表作、未発表作、新作、60冊以上のスクラップブックまで企画展示室全3フロアを埋め尽くす異例の規模」とチラシにあります。 』 !!

スタジオ・ボイスの4月号(3月6日発売)は、
『第一特集 大竹伸朗「全景」へ
フルカラー、フルスロットルで走る画家!
極長対談 大竹伸朗×都築響一』
これに感動!大竹さんの言葉には熱くなる!動かされる!
30ページ近い大特集で、絵やコラージュから、アトリエの写真まで♪

--------------------
★これ見に行く予定です。

ANOTHER SILENCE
2006/04/15(土)
18:30open 19:00start
adv2,500yen/door2,800yen

Live: ANOTHER SILENCE
Mats Gustafsson - saxes and electronics
Lotta Melin - dance and electronics
大友良英 - guitar and turntables
Sachiko M - sine waves
Yoshimi - voice, electronics and drums
AyA - bass
guest act: UA & Yoshimi DUO

会場:
アサヒ・アートスクエア(アサヒスーパードライホール4F)
東京都墨田区吾妻橋1-23-1
東京メトロ銀座線「浅草」駅より徒歩5分
都営地下鉄浅草線「浅草」駅より徒歩10分
東武伊勢崎線「浅草」駅より徒歩6分

Mats Gustafsson見られる上に、
それに、大友さんサチコさん(フィラメント)+
Yoshimiさん、AyAさん(恐らくOOIOOやONOFFのアヤさんですよね)という組合せが珍しく
(フィラメント+OOIOO+凄いサックス+舞踏?=面白そう)、興味深い上に、さらに、

guest actの
UAとYoshimiのDUO!
何やるんだろ♪これまた興味津々です。。

このメンツで2500円は安いですねぇ。浅草は遠いけどこれは行きたいなぁ。

--------------------
★FISHMANSの名シングル「Season」が、
未発載せて、DVD付きマキシみたいな形で、
最近、新たに発売されたのですが、
これは既発のシングルに、
音では「Long Season」の未発ライヴを収録、
映像は、既発のPV1曲とおまけ映像収録、
という内容だとニュースにあり、

シングル「Season」やPVは持ってるけど、
「Long Season」の未発ライヴが入ってるなら、
そりゃ買うでしょ、と思っていたのだけど、

買った人の感想をネットでチェックしてみたら、
「Long Season」の未発ライヴというのは、
未発ライヴ音源をバッファロー・ドーターのムーグ山本氏が、
リミックスしたもので、
これがひどく評判悪く、皆口を揃えてヒドイと…。
40分くらいのライヴを10分に編集していて、
その編集の仕方にブーイングの嵐。
おまけ映像も大したものではないようなので、
じゃぁ買わなくてもいいかなと。
多分聴いた人、皆、「余計なことすんなよ!」と思ったぽい。

映画を中心にした本も出たらしいですが、
こちらも評判悪く、ただの映画のパンフじゃん、
という感想が多かったり。

去年から活発にアイテムが色々出ていますが、
ライヴのDVDやCDを、編集しないで
出してくれればそれでいい、
という人が多いようで。同感。

ヴォーカルを入れて活動するのは全然アリだと思うのですが、
個人的には、大勢のヴォーカルを曲により入れた
企画的な感じではなく、
これだって人(1人かせいぜい2人)に絞って、
ちゃんとやってほしいなぁ。

佐藤さんがいないから新曲をやるのは厳しいかなと思うけど、
HONZIさんの曲なら、歌詞も曲も、
違和感なく新たに入れられるのでは。
殆どメンバー同然だったHONZIさんを中心にやるのなら
(まぁヴォーカルは誰か入れるとして)、
誰も文句言わないのではと思うのですが・・・。

映画のほうは見てみたいけど、
やっぱり去年の復活ライヴが中心なのかなぁ。

バッファロー・ドーター、4月の頭に、久々の新譜が出ますね。
どんな感じになってるんだろ。
1stは好きです。2ndも嫌いじゃない。以降はよくわからない。
とりあえず試聴したいなぁ。
ムーグ山本氏はこれに忙しくて手が回らなかったのか、
或いは、マニアにありがちな、裏切った展開(編集)を
追求するあまり、結果おかしなことになった、って感じなのかなぁ?
----------------------------------------

★今日部屋を片付けていたら、
昔のテープが沢山出てきて、
この中には、現ピーチーズのムツミの昔のカラオケ音源が!
いや~これ、知ってる人には凄い面白いのだけど、
すっかり捨てたかと思って諦めていたのだけど、
捨ててなかったのか~。

'95年か'96年(もう10年前ですなぁ)に、
POPなロックバンドをやりたいなぁと
(後にMoo2でやった曲を作っていて)、
ヴォーカリストを探していて、それで、
音楽雑誌"PLAYER"のメンバー募集のページで、
『ジャニス、COCCO、UA、などを好む
18歳の唄い子です。ガンガン活動したい。メンバー求む』
みたいなのがあり、
ジャニスとCOCCOはいいなぁと、
ハガキ出して、連絡とって、初めて会ったのでした。

駅の改札を出ると、そこには~
って詳しく書きたいのだけど、
もしかしたら本人イヤかもしれないので、ザッと書くと、
見たこともない凄いメイクと、凄い格好と髪型をした
とんでもない女の子がいて、
度肝を抜かれたのでした。
マジで一瞬「宇宙人?」と思ったのでした。
凄いルックスで、話してみると恐ろしくファンキーで、
意外と音楽もよく知っていて
(後で徐々にわかってきたのだけど、ムツミというのは、あまり知らないことでも、さも「全部わかってる」という雰囲気を醸し出すのがとても巧いです)、

それで、デモを渡し合い
(何でもいいから歌ってる音源が聴きたいと伝えてあり、
カラオケで歌って録音してくると聞いてました)、
帰って、そのテープを聴いてビックリ。

1曲目は、ビートルズの定番「Eight Days Week」
だったのですが、
『う~あいにっじゃーべーべーー
 じゃっちゅーみゃんまびー♪』
って感じの発音(ほんとに)で、
そして音程は見事に終始外れっぱなし。

それは、カラオケで聴けば、
別にそうゆう子もいるかもなと思うけど、
デモテープとして受け取って、
ジャニスやCOCCOが好きな子の歌として聞くと、
恐ろしく想定外で、また度肝を抜かれ、
果たして一緒にバンドが出来るのだろうか・・・
バンドは英語でやるわけではないから発音はいいとして、
この音程の外れっぷりは・・・・・・
真面目にちゃんとしたポップなロックをやろうと思っていたあっしは、「これは断ろう」と結論を出し、
電話でどう言おうかと悩んでいた時に、
向こうから電話がかかってきました。

「デモ~ぉ聴っきました~!ひゃは~超イイ~!ウヒャ~!」
と言われ、宇宙人のような凄いルックスが頭に浮かび、
なんか見たことない奇妙なサイケな国にいて、
人間じゃない生き物と話しているような気分になり、
もしかしたらこれは大物なのかもしれないと思い始め、
そしてMoo2が始まったのでした。

まーMoo2をやってみたら、
カラオケのテープほどはひどくなく、
でも「この部分をもうちょっと音程をしっかり」など
言う度にムッと超不機嫌になり、
その中でいい音源を作っていくのは大変だったけど、
何度かそれを繰り返していくうち、
音程もそれなりになってきて、
で、出来た音源が、ネットにも載せている
Moo2の初期のデモ音源です。

それから5年くらいの活動の末
(デモテ送りまくり、ソニーやワーナーから連絡があり、
元バービーボーイズのBassで、ソニーの新人発掘もやっていた
エンリケさんに気に入られ、プレゼンライヴ等に出たり。
音楽やデモの完成度、ギターセンス等はとても褒められていました。
それから、ライヴをやる度に、
あっしがパフォーマンスを絡めた
全然ポップじゃないことをバンドに入れてゆき、
徐々にピーチーズの様なことをやるようになり。
一時期は西川くんにBassを弾いてもらったこともありました)、
Moo2は解散し、

その2年後くらいに、ムツミがヨーコちゃんと
ピーチーズを始め、ライヴを見て
(その頃は普通に曲をやっていましたが、チューニングやセッティングできなかったり、MCが1番面白かったり)、
面白いなぁ~と思い、ドラムで加入したのでした。

で、去年か一昨年に、ムツミの弾き語りソロ
(普通の歌)を聴いたら、
Moo2の時の様な、作った声ではなく、自然な声で、
歌もすっかりよくなっていました。
いつのまにかキャラや話し方も、
普通にサイケで普通に天然というぐらいに。

で、今年、ムツミがバンドを組んだ、でもギターがいない、
とのことで、そのバンドにギターで参加しました。
【キ×You(キバツユー)】というわけわからん名前のバンド。
普通のポップな歌で、メンバー若く、
渡されたスタジオ音源を聴いたら、
これがひどくお粗末で、ほんとに参加できるか
(果たしてこれはよくなっていくのだろうかと)悩みましたが、
ヴォーカルがいいから、バンドさえ徐々によくなっていけばと。

日本語歌詞で、ポップな歌で、イヤミのない、表現力のある、熱い、
(音程はちょっと悪いけど)20代のロックヴォーカルってなかなか居ないので
(ピーチーズや、Moo2の音源だけ聴くと、そうとは思えないかもですが。Moo2の「海の底」という曲にそれが出ています)、
バンドさえしっかりして、全員経験を積んでいけば、
絶対いいライヴが出来ると思います。
今、練習中で、とっとと根っこをよくしていかなくてはと
焦って色々進めていったら、歪みが出て、話し合いになったり。
色々大変です。少しずつよくなっていくと思うのだけど。
明日スタジオ。

--------------------------------------

★ついでにボアダムズ'90年の
三軒茶屋Heaven's Doorでのライヴ音源が出てきました。
久々に聴いてみたらよかったなぁ。
ヨシミちゃんがテンション高くて凄い声出してました。
曲の合間に素のMCややりとりが入ってるのも愉快!
ドラムの皮がやぶれたとか、弦が切れたとか。
やっぱり「サリドマイドカー(されど毎度カー)」がいいなぁ。
コンピCDに入ってるやつよりテンション高く勢いあります。
やってることはさほど違いないけど。
昔のライヴ音源や映像出してほしいなぁ。
[PR]
by uroco69 | 2006-04-02 00:10 | ・日記