カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

11/12 コドモパンクス

a0037852_13305693.jpg


11/12(sun)
今日は、楽器を並べて、集まった子どもたちに演奏させる
初の試み『コドモパンクス』大成功でした♪
a0037852_23462438.jpg
a0037852_2346866.jpg


朝8時に集合。 グランドでやるので、雨天の時は中止
というイベントだったのですが、
ゆるい感じで、晴れたけど風が強くて寒いから、
当日の朝、急遽、体育館でやりましょうということに。

ヨーコちゃんが作った段ボールのオブジェや、
楽器などの荷物を置いて、Loose Voxにアンプを借りに。
今は車があるので、こうゆうことが出来てよかったなぁ。

楽器と大量のおもちゃを並べて、 おもちゃをループさせたりしてると、
子どもたちがちらほら寄ってきました。



ギター、ベース、大量のおもちゃ、ドラムセット一式、
を並べていたのですが、
不思議なことに?ギターとベースには全く興味を示さない。
そして、叩くものは大好きで、
何も言わなくてもドラムはガンガン叩き出します。

やっぱり原始的な物に惹かれるのかなーとか、
叩くって行為は楽しいものなのかなーと思ったり。

マイクを向けると急に恥ずかしがったり、
「何か歌って?」と言うと「出来ない」と言うので、
「わー!」って言ってみて?と言うと、
すんごい高い声を変幻自在に叫び出す凄い子がいたり、

学校に置いてあった跳び箱をオブジェ的に置いてたら、
それに乗って、ドラムのスティックで指揮をやりだす子がいたり、

何にも教えないし、何にも指示もしないのに、
というか、しない方がいいのだろうけど
(マイクでバンドをやろう!とか、楽器をやろう!て感じに、
声をかけると、できないとか、それは自分じゃない、みたいな感じで、参加しないのですが、音を出してて、寄ってきた時に、スティックを持たせたり、使い方を教えてあげると喜んでガンガンやり始めたり)、
もう、スゲェ!って瞬間が沢山。
子どもはみんな凄いんだなぁ。

凄い勢いでドラムを変な叩き方で叩きまくったり、
おとなしそうな女の子2人が静かにノイズギターを弾いてたり
(やっぱりアームの音や使い方を教えたり、
色々な物で弾く面白さを聞かせたり教えると、
クククククと嬉しそうに笑い、
でも、ストラップをかけて「立ってごらん?」と言うと、
とんでもない無理無理!みたいなリアクションで可笑しかったり)、
メチャメチャ楽しかったです。

最近ビデオカメラが壊れちゃって、
映像が撮れなかったのが残念。
いいのが出来た時に限って撮れないものですなぁ。。

記録は、携帯のカメラで少し撮った写真のみ。
デジカメを持って行けばよかったと後悔。

子どもというのは、音を出してしばらくすると、
凄くキラキラした純粋な瞳で、必ずこっちを見るのですが、
それは「これでいいの?」ってことなのか、
「これで大丈夫?」なのか、
「ぼく楽しい!」なのか、
「音出すのって楽しいね!」なのか、
なんなのかわからず、
それでこっちは、なんだかわからない笑顔を一生懸命作ってうなずき、
自分の笑顔は、子どもの純粋な笑顔に比べると、
きっととても不様なものになってるんだろうなと、
子どもによくわかんない嫉妬したり
(いい笑顔が自然に出来て羨ましいなと)。

事前には、一応こんなことをやろうとか、
大雑把には色々考えていたけど、
予想通り、予想出来ないものでした。
事前に考えたことなんて通用しないし、
遊ぼうって感じにしないと、
あまり思い切ったことはしないし、
やっぱり学校の音楽(絵や工作もそうだろうけど)の授業とかも、
遊ぼうって感じで、自然に伸び伸びやらせていったら、
凄くなる子が沢山いるんだろうなぁと思ったり。

予想外のことは大体どれも面白かったのですが、
ガックリきたのは、大人が楽器をやりたがること・・・

昔ドラムやったことがあるんだよみたいなおじさんが、
わざわざバラバラにセッティングした
(子どもが叩きやすいように)ドラムを、
普通にセッティングしてほしいと言い出したり、
ギター弾いたことがあるっぽいおばさんがギター弾きたがったり。
大人の自分としては、わ~そうなんですか~
聞かせてくださいよ~と、
やってあげるべきなんだろうけど、
自分はガキなので、どっちも意地悪して、
音出してあげませんでした。
おもちゃは全然いいけど、出来る楽器の演奏披露されても・・・。

子どもが音を出してるのを見て、
こんな純粋に音を出せるんだとか、
イキイキした表情や動きとか、
刷り込みの技術とは全く異なる使い方とかに
感銘を受けたりとか、
子どもを見て、大人が勉強できる場だったと思うのだけど、
子どもが演奏してるのを見て、
そこで自分はこの楽器の演奏がしたことがあるから、
やりたいとか見せたいとか、それはなんかイヤな感じで。
子どもを見て、じゃ~一緒にやってみようと、
イキイキして、出来ない楽器を踊りながら子どもと一緒に、
とかだったら全然最高だけど。

メチャメチャ楽しく、色々考えさせられたりで、
メチャメチャ有意義なイベントでした。
[PR]
by uroco69 | 2006-11-19 13:34 | ・ライヴレポ