ドイウロコ / Doi Uroco


by uroco69
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「Phew x Bikke」 カセット bm0001



PhewさんとBikkeさん、アーントサリーの2人による新音源 カセットで6/22発売!
http://www.bereket.info/product/list10.html
通常版を買い、カセット聴きました!素晴らしい!!!

Cherry Redの名コンピ『Pillows & Prayers』を彷彿するような雰囲気。



全編、Phewさんの歌とBikkeさんのギターとコーラスのみで、
曲によってMixが異なり、ヴォーカルのエコーや、
アコギだったりエレキだったり、音質やバランスが違ったり。

とてもシンプルでオーソドックスで、Phewさんの歌詞やヴォーカルが伝わりやすく、
選曲も含めて、Phewさんのベスト盤のようでもあり。
A面はゆったりした感じで、B面はバラエティに富んでいて、
A面とB面で雰囲気が違うところがニクイ!

言葉はおかしいかもしれないけど、「男気溢れる」作品だな~と思いました。
随所に意志を感じさせるところがパンクだったり、
やっぱりPhewさんカッコイイなぁと思ったり。

カセットと聞いて、全部手作業なのかなと思ったら、
印刷などのパッケージは全部ちゃんとしていて、
カセットはキャラメル包装。こうゆうちゃんしたカセットの封を開けるという行為が懐かしい!

特によかったのは「子供のように」「ロボット」「Act」。
一生聴き続けていけそうな作品を買った時は、
いい買い物をした気分になります。

値段はやはり送料込みでした。たぶんここの通販と、
ライヴの手売りだけなんじゃないかな?
http://www.bereket.info/product/item241.html

そして、知ってからちょくちょく見ているPhewさんの日記が面白くて、ハマッてます。
http://www.bereket.info/diary.php

通常版と、ボーナストラック付き限定版があり、
通常版は、2,260円(税込み)
http://www.bereket.info/product/item241.html
ボーナストラック付き限定版は、手編みの袋と缶バッジと、たわし付き?で、3,310円(税込み)、
http://www.bereket.info/product/item240.html
どちらもおそらく送料込みです。

A/B面あわせて約32分
----------------------------
収録曲
A面
1 まさおの夢(Phew/山本精一)PHEW&山本精一「幸福のすみか(徳間ジャパン)1998より
2 子供のように(Phew/近藤達朗)big picture「BIG PICTURE」(リトルモア)2001より
3 おわりのあと(Phew/Phew)PHEW「秘密のナイフ」(アリダ)1995より
4 Bay(Phew/Phew)PHEW「View」(テイチク)1987より
5 夜の光(Phew/Phew)PHEW「Our Likeness」(Mute)1995より

B面
1Act(Phew/bikke)PHEW「View」(テイチク)1987より
2いつか(Phew/Phew)PHEW「秘密のナイフ」(アリダ)1995より
3 Dream(Phew/Phew)PHEW「Phew」(パス)1982より
4Good Morning(Phew/大友良英)OTOMO YOSHIHIDE'S NEW JAZZ ENSEMBLE「Dreams」(TZADIK)2002より
5ロボット(Phew/山本精一)PHEW&山本精一「幸福のすみか(徳間ジャパン)1998より

ボーナストラック 
転機(Phew/bikke)aunt sally「aunt sally」(Vanity)1978より
----------------------------
通常版はボーナストラックなし。

NINやRadioheadなど、インターネットでのダウンロード販売の色んな形が出てきたり、
パッケージの必要性とか、語られたりすることが多い中、
カセットでリリースっていいなぁ。
欲を言えば、歌詞カードが入っていれば尚最高でしたが。

今、カセットを聴くプレーヤー類がないという人も多いと思いますが、
ファンは必聴もんの名カセットなので、なんとかして聞けるようにしましょう!







ちなみに、故Honziさんは、新(アルバム『Two』以降)を、カセット手売りしていました。
今回のPhewさんのカセットを聴くのにラジカセ引っ張り出したので、
Honziさんのカセットも聴き(3~4曲入りで、A面B面に分かれてるので、なかなか聴くのが厄介だった…)、CD-Rにまとめしました。

そのHonziさんのカセット、何種類あったか忘れちゃいましたが、
持ってるのは2本で、しっかりレコーディングされたもので(カセットテープ自体は安物だけど)、
はっぴいえんどやFishmansのカバーを含む収録曲は、
・「イライラ」「じゃれながら」「ひこうき」「不幸な子供」
・「赤い橋」「空飛ぶくじら」「メトロ」
中でも「メトロ」は、リコーダーが素敵な素晴らしいアレンジ♪
「ひこうき」はライヴとは違うスタンダードなアレンジで暖かみがあり素敵です。
誰か、Honziさん再評価とかで、未発表音源をまとめてCD化してくれないかなぁ。

このカセットの手売りがある前に、「次のアルバム出ないんですか?」的なことを
Honziさんに聞いたことがありますが、「う~ん 出したいんだけどねぇ~」と、
なんとなく出せるところがないというような雰囲気で、
なんで、こんな素晴らしい(しかも一般的で理解されやすい)音楽を
世に出したがるレーベルがないんだろう?と不思議でした。

そのカセット音源もいいけど、ライヴ音源は滅茶苦茶素晴らしいものが沢山どこかに眠ってるはず。
2001年の千葉・野田Jamでの素晴らしかったライヴとか、誰かテレコとかでも録音してなかったのかなぁ。
[PR]
by uroco69 | 2009-06-29 10:07 | ・CD/DVDレビュー