カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Bjork 2008-2/22 @日本武道館




ステージ上は、ビョーク族の祭りというか、
ビョークの村、ビョークの国、ビョークの星、のよう。
酋長ビョーク。女王ではなく酋長。

ステージセットや衣装、動き、バンドの編成、アレンジ、
全部ひっくるめて、ライヴ全体がビョークの表現みたいな、
あらゆる部分にビョークの意志を感じさせられ、
ライヴが始まる前から終わってからも、
ここにビョークがいる、ビョークが発してる、という感じがしてドキドキしてました。

席は、2階の1番前。
武道館ではアリーナの1番前以外では、1番見やすくて良い席だった気がする。



ただ、目の前には小さい手すりがあるだけなので、立って見てて興奮して前に出たら、
思わずダイブ(=この席では自殺行為)しちゃいそうな席だったので、
ライヴ中に何度か、間違っても飛び降りないように気をつけようと思ったり。


ビョークのここ何年かのライヴ形態は、
クラシックな弦楽器のオーケストラが入る感じが多く、
嫌いじゃないけど、なんとなく格調高い雰囲気と、クールな印象があったけど、
それが今回のツアーでは、オーケストラが、ホーン隊に変わり、
一気に熱くなり、バンドのライヴ感&一体感もしっかりありました。

今回のアルバムの目玉と勝手に思っていた
パンクな「Declare Independence」 が、今回のツアーの肝になっていて、

この曲の歌詞 『自分の旗を揚げよう!(乱暴に一言で言うなら)』が、
ライヴ全般に散りばめられていて
(実際ステージの背景に旗があったり、バンドメンバーが旗を付けていたり)、
ビョークの意志をひしひしと感じ、かつてなくメッセージ性の強いライヴに感じました。

どの歌がどうとか、声が出ているかとか、そうゆう細かいことよりも、
ハッキリとしたビョークの意志を強烈に感じて、
ライヴ終わった後も、ヒリヒリと神経が痺れているような不思議な感じ。

今までも、歌詞や曲は勿論、演奏するするミュージシャン、
リミックス、アレンジ、アートワーク、などなど、自分でプロデュースしてきた人なので、
随所に、そういった「自分の旗を揚げよう!」的なニュアンスは感じていたけど、
こっちが「読み取ろう」としなくても、ハッキリと「提示される」みたいな。

「おれは無条件にビョークが大好きだ!」と思っていたけど、
自分がビョークのどこに強烈に惹かれていたのか、
今回のライヴを見てとてもハッキリした気がしたような。
素晴らしい!と感動しつつ、色んなことを考えさせられたり。


民族衣装を着て、頭に旗を付けたホーン隊が、
ノリまくり(頭に付けた旗が揺れるので超派手!)で、
エンディングでは、ビョークをこのホーン隊が囲み、全員ノリまくり!
電子音系担当の人も超ノリまくり!煽りまくり!

武道館は音も悪くなく、距離も遠くなく、
和風な雰囲気も合っていてよかったけど、
今回の感じなら、ライヴ全編踊れるような曲にして、
指定席じゃないスタンディングで小さめのハコで見られたら尚最高だろなーと思ったり。

ビョークは、全身の動きで指揮してる感じ。
ドカーンと爆発したり、レーザーを使ったり、大量の紙吹雪、などなど
ド派手でわかりやすい演出にびっくり!

↓『メダラ』の曲の時に使われていた楽器
テノリオン YMAHA Tenori-On
http://www.yamaha.co.jp/design/tenori-on/

↓ステージ中央の丸いやつ
reactable
http://wiredvision.jp/news/200708/2007082121.html

スクリーンはなく(Side View席という、ステージ斜め後ろの席の前にだけ小さいのがありました)、

「Hyper Ballad」は途中からLFOの「Freak」へと流れ、クラブ状態。

アンコールラストの「Declare Independence」では、
ビョークがスカンク・アナンシーと競演したMTVライヴを初めて見た時の衝撃を思い出しました。
http://jp.youtube.com/watch?v=WQzRFwVFIKU
↑これの2'00あたりからが物凄い。


セットリストを見たら、19日と22日は5,6曲入れ替わったようで、
あーこんな感じなら両方行きたかった…。
19日にやった「Aurora」「I Miss You」「Oceania」「Pagan Poetry」も聴きたかったなぁ。
でも「Bachelorlette」「Who is it」「unison」が聴けてよかった。
特に「Aurora」(『Vespertine』の7曲目)は隠れた名曲だと思っていて、
さぞかしライヴ凄いだろと思ったら『Vespertine』のツアーでは、
ちょっと不発に終わった感があったので、
この曲のベストなライヴを聴いてみたいなぁ。

↓セットリスト

2/19
1. Intro - Brenni Vitar
2. Earth Intruders
3. Hunter
4. Aurora
5. All Is Full Of Love
6. Pagan Poetry
7. Unravel
8. Vertebrae By Vertebrae
9. Joga
10. desired constellation
11. Army Of Me
12. I Miss You
13. Five Years
14. Vokuro
15. Wanderlust
16. Hyperballad
17. Pluto
encore
18. Oceania
19. Declare Independence


2/22
1. Intro - Brenni Vitar
2. Earth Intruders
3. Hunter
4. All Is Full Of Love
5. unison
6. immature
7. Vertebrae By Vertebrae
8. Joga
9. Hope
10. desired constellation
11. Army Of Me
12. Bachelorlette
13. Who is it
14. Cover me
15. Wanderlust
16. Hyperballad
17. Pluto
encore
18. The anchor song
19. Declare Independence

写真がスマッシュにアップされてました。

Bjork @ Nippon Budokan (22nd Feb. '08)
http://smashingmag.com/tour/08tr/080222bjork_nao.html

Bjork @ Nippon Budokan (19th Feb '08)
http://smashingmag.com/tour/08tr/080219bjork_kuma.html


YouTubeに、2007年のGlastonburyとCoachellaのライヴ映像が沢山アップされています。
特にGlastonburyのは音も画質もいい。
YouTubeで「Bjork Glastonbury 2007」で検索すれば出てきます。


[PR]
by uroco69 | 2008-02-23 17:54 | ・ライヴレポ